誰がために寿司は廻る

一人暮らしの社会人が好きなことを書きます

演劇

昨日は大方家でダラダラして、夜は大学へ友達が主演をやっているという演劇を見に行った。
タイトルとパンフレットがフランクな雰囲気だったのに対して、中身は原発と伝染病をモチーフにしたハードな内容だったので驚いた。
シナリオは一部わからない部分はあったがよく作られていて、ギャグシーンも感動するシーンもしっかり作られていた。役者は全員大学生だろうか、迫力ある演技を見せてくれた。スライドを使った効果的な演出も新鮮でよかった。学生による演劇としてはかなりレベルが高かったのではないかと思った。と言ってもよく考えてみれば自分の所属している団体以外の学生演劇をちゃんと見たのは初めてかもしれない。いい経験になった。