誰がために寿司は廻る

一人暮らしの社会人が好きなことを書きます

めざせ文学少女

私は根が真面目なので「この日記は果たして需要があるのか?」などと考えながらも2日分続けて書く。

 
月曜日は3限からなのだが、朝からやや風邪気味で家事もやらずに布団に倒れこんでしまい、お昼ごろにようやく起きた。学校には充分間に合う時間だったが家事を片付けてから出ようとしていたら少し遅れてしまった。
講義中は片手間に本を読んでいた。人から借りたミステリー小説と、リビングに置いてあった建築についての本。けっこう面白い。
最近というかおそらく大学に入ってからだろうか、私の集中力は著しく低下していて、じわじわと危機感を感じ始めている。けれど、面白い本を読んでいるときは比較的集中できることがわかった。スマホ型の生活から本型の生活に少しずつでも移行できたら、理想的なのだけれど。