誰がために寿司は廻る

一人暮らしの社会人が好きなことを書きます

ごはん

お昼ご飯について思うことがある。
大学の講義があるのは月曜と木曜の2日だけで、それ以外の日はたいてい何も用事がないため家で一人でお昼を食べている。家にある材料を適当に使って作って良いことになっているのだけれど、美味しくてしかも作るのが楽なうどんに落ち着くことが多い。
では大学のある日はどうしているかというと、コンビニでおにぎりやホットスナックを買うパターンが多い。3限始まりの月曜は家で食べてから大学に行くこともできるし、学食やワセメシだって選択肢にはあるのだけれど、直前まで寝ていたり家事をやっていたりで出るのがギリギリになってしまい、学校の近くのコンビニか生協で慌てて適当なものを買うハメになっている。これを何とかしたいと思ったのだ。もう少し落ち着いて良いものを食べたいし、同じようなものばかり食べることになってしまうのもできれば避けたい。なぜいつもいつも「ツナマヨおにぎり、シャケおにぎり、たらこおにぎり、牛肉コロッケ、ファミチキの中から3つを選べ」みたいな悲惨なことになっているのだ。この状況を言葉にしたら余計に哀愁を帯びてきて、やはりなんとかしなくてはという気持ちになった。
しかし、外に食べに行こうとしても、みんなが友達とワイワイ連れ立っている中で一人で入店するのはかなり勇気がいる。かと言ってつけ麺屋のようなお一人様が多いような店は狭いし男ばかりで入りにくいし、そういう店はたいてい店の外まで客が並んでしまっているから、よほど時間的な余裕がないと足が向かないのだ。
となるとやはりワセメシは諦めて学食に行くべきか。しかし、学食は朝のうちなら快適だが、2限の後に行くとあきれ返るほど混み合っている。ただでさえ席が足りないのに迷惑な学生たちが席取りをしたりやたらとスペースを取る座り方をするから、せっかく手に入れたごはんをトレーに乗せたまま食堂内をウロウロと歩き回る"食堂難民"になる。二度とあんな思いはしたくない。
となると一番良いのは一人でも入りやすいファーストフード店を探すか、誰かを誘って外食に出るか、だろうか。一人で賑やかな飲食店に入る勇気と、付き合ってくれそうな人を積極的に誘う勇気が天秤にかけられている。ちょっと良い店でお弁当のような持ち帰りのメニューを買うのも良いかもしれない。ただそのプランだと今度は大学内で食べる場所を確保するのに苦労しそうである。

とにかく今は、なんとなく、食べたことないものをたくさん食べたい気分だ。これからはもっと食生活に楽しみを見出していきたいと思う。