誰がために寿司は廻る

一人暮らしの社会人が好きなことを書きます

デート

デートらしくないデートがしたい。

「デートで時間あいたときになにする?」ってFランの人に聞かれて「カフェで本読んだりするな」って答えたら「は?カフェで本読むの?デートだよ?」って返ってきた、という話を聞いたので笑ったあとにちょっと考えた。そのFランの人がどういう意図でそういう反応をしたのかハッキリしてないけど、共同作業的なものを期待していたのかな。デートらしいデートって、例えば映画とかカラオケとかボウリングとかウィンドウショッピングとかそういうのなんだろうか、でも私は別にそんなの誰とでも出来ることばっかりだよなあと思う。そりゃ知り合って間もない二人だったらそういう外部からの刺激の提供みたいな媒介がないと間が持たなくて辛いのかもしれないけど、親しくなってしまえばコミュニケーションをするのにお互い以外は必要じゃなくなるし、むしろ邪魔とさえ感じられる気がする。

私は相手と同じ空間で時間が共有できれば何だっていいと思っているから、別に何をしたっていいと思う。喫茶店でそれぞれ好きなことをするとか二人で一人用のRPGをするとか皇居の周りを歩くとか一緒に何かを作るとか、そういうことを気兼ねなく一緒に出来る相手なんてなかなか見つかるものではない。だからそういう「デートらしくない」ことをすることに私はどうしても惹かれてしまうんだと思う。