誰がために寿司は廻る

一人暮らしの社会人が好きなことを書きます

12/24(日)

クリスマスイブとか1ミリも関係ないのだけれど、ふと、美登利寿司を食べに行きたいと思い立って開店時間にネット予約を試みるも、目を付けていた店ではまだネット予約を受け付けておらず、とりあえず家を飛び出す。道中、他店舗のサイトを見るとネット予約が出来そうであった。戦略ミス。すっかり海鮮のお腹になっていたので、近くのお店でいくら丼を食べた。白米に対していくらが信じがたいレベルで多くて大満足。
午後はみなとみらいへ。予報に反して天気も良かったので、海沿いの公園や赤レンガ倉庫を散策したり大桟橋を見たりした。観覧車や赤レンガ倉庫のあたりのイルミネーションが綺麗だというので日が落ちるのを待ちたかったけど、寒さに耐えきれずに移動してしまった。
それからはショッピングモールを行ったり来たりして、プレゼントを探した。死ぬほど歩いて疲れたけど、納得のいくものを買えたので満足。良い買い物に労力を惜しんではいけないのである。それにしても疲れた。適当に目に付いた惣菜を買って帰る。
今日一日外に出て、クリスマスに働いている人って意外に多いんだなと何度も思った。今までそんなこと考えたこともなかったのに。