誰がために寿司は廻る

一人暮らしの社会人が好きなことを書きます

1/31(水)

昨日の遅寝がたたって寝坊した。アホだけど、こうなることは昨日の時点で予見していたので、アホの中でも比較的マシなアホだと思う。
お昼の営業で何をしてたかあんまり覚えていない。ティッシュを配り散らしていたのは記憶にある。後任も正式に決まったし、そろそろ引き継ぎの準備をしていかないといけない雰囲気だ。
お昼ごはん、たまにはお寿司でもと思って築地玉寿司に行ったら、めっちゃ待たされた上に内容の割に安くもなくてうーんといった感じで、多分もう行かない。やっぱり五右衛門か、がんばって並んで大戸屋にすればよかった。こうなったらもう絶対近いうちに大戸屋に行くぞ。
夜はアポが長引いてかなり遅くなってしまった。なんかもうめっちゃ疲れたけど、なんだかんだでお手続きしてもらえたから結果オーライ。
氷菓を見ながら餃子とかカレーとかを食べた。疲れていたからもう昨日のお弁当箱も今日のお皿もそのままに寝てしまうけど、あした地獄だなあ。
そういえば、今夜の月は何かと何かが同時に起こってとても珍しいという。ご飯を食べてから外にちょっと出てみると、赤くて神秘的な月が浮かんでいた。新居の周りは空が高いのか、星がよく見える。